toggle
2021-01-15

<ご報告> 1月9日(土) 風水・建築医学アカデミーを開催しました。

1月9日、風水・建築医学アカデミーを開催しました。

コロナによってライフスタイルが変化し、
家で過ごす時間が増えました。
こうした状況の変化の中で、
住まいに要求される要素について、
ある調査データをもとに
色々とご説明して下さいました。

全体的に、家の重要性が高まっているということと、
年代別や性別によって、それぞれ要求しているものも
違ってくる、ということが分かりました。

大切なのは、家においていかにストレスを
減らすことができるかということです。
家は、住む人の人間関係を作っているのです。
良い人間関係を育むことができるのかそうでないかは、
住環境に依るところが大きい、ということを
様々な事例や観点から説明して下さいました。

また、後半は寒い家・寒い部屋の危険性について
お話して下さいました。
食事や運動の影響以上に、家の温熱環境が
血圧に大きな影響を及ぼすことを
高血圧国際医学誌「ハイパーテンション」からの
データをもとに分かりやすく説明してくださいました。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ