toggle
2021-08-28

<ご報告> 8月7日(土) 風水・建築医学アカデミーを開催しました

8月7日、風水・建築医学アカデミーを開催しました。

今回は、建築医学のプラニングの極意ということで、
住宅のそれぞれの部位のプラニングにおける
ポイントを細かく説明して下さいました。

例えば、玄関は氣の入り口であり、
明るく、広く、左右対称に作ることがポイントです。
そうすることで良い氣を取り入れることができます。

また、鏡をつけることで氣を活性化し、
玄関を広くみせることができます。
さらに、玄関にニッチをつくって花を飾ったりすることで、
波動を上げることができるということでした。

次に、玄関を入り最初に
リビングがあることが重要です。
玄関を入ってすぐ階段があると、
子どもは帰宅してすぐ2階の自分の部屋に向かうようになり、
家族のコミュニケーションがなくなってしまいます。

それぞれの部位の話の他に、
廊下についての話もありました。
風水・建築医学住宅では、なるべく廊下を作らない
ようにすることがポイントです。
廊下をなくすことで、空間を有効に
使うことができると同時に、
それぞれの空間のつながりが生まれ、
氣の流れを良くすることができるのです。

多くの事例写真を挙げながら説明して下さり、
参加者はより実感をもって風水・建築医学の
極意を理解できたのではないかと思います。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ