toggle
2022-01-20

<ご報告>1月15日(土)  風水・建築医学アカデミーを開催しました

1月の風水・建築医学アカデミーは、
景観の重要性についての話から始まりました。

景観が良いかどうかが、風水の重要なポイントです。
日本では古来より借景といって、
家から見える庭や景色を大切にしました。
江戸時代に来日した外国人は、
日本の田園風景に心をうたれ、
その素晴らしさを謳った記録がたくさん残っています。

京都のお寺など、景観が良いところに行くと
心が穏やかになり、落ち着きます。
実際に、景観の良いところに住むことで、
脳の情報処理能力が高まります。

しかし、現代の東京には
自然景観がほとんどありません。
良好な環境よりも経済が優先され、
たくさんのビルやマンションが立ち並んでいます。
ヨーロッパでは伝統と風格の調和のある
街並みが残っている一方、
東京の景観には秩序がありません。
風景のまとまりがつかないと、
そこに住む人の心のまとまりがつきません。

現代建築の多くが、自然との調和を無視して、
建築家のエゴでできています。
建築を「命ある個体」としてみるのが
風水であり、建築医学です。

建築に関わる人は全て、
「そこに住む人が、どうしたらより良い
人生を生きることができるだろうか?」
という問いをもって、住宅をつくるべきなのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ