toggle
2022-04-18

<ご報告>4月9日(土) 風水・建築医学アカデミーを開催しました~心も身体も経済力も住環境が大きく影響している~

血液の流れは開運と健康の鍵を握っています。
なぜなら血液の流れに沿って氣も流れるからです。
血流が悪いことは集中力の低下、
思考能力の低下を招きます。
また、血流が悪いと体温も低くなり、
免疫力とも下がってきます。
常に自分の体温を36.5~37.1度に保つことが大切です。

そして心と体が健康になるためには
場の要素が不可欠です。
例えば、病院に行くと血圧が上がります。
健康な人を病院に10日間入院させたところ、
全員病気になったという実験データもあります。
本来病気を治すところであるべきなのに、
実際にこういうことが起こっているというのは、
病院という場に問題があるのです。
本来病院は風水や建築医学で作られるべきです。

健康も開運も調和(バランス)の上に成り立っています。
ビジネスも需要と供給のバランスの上に成り立っています。
良い場にいることで、心と体のバランスをとることができます。

逆に悪い場にいると、心と体のバランスがとれなくなります。
例えば、散らかっている部屋やいびつなカタチの家に
住んでいると、人は攻撃的になります。
攻撃的な性格は、心臓病やガンなどの病気につながります。

基本的には心穏やかになるような環境で
暮らすことがとても大切なのです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリ